• SOCIAL IGNITIONアクセラレータ―

    参加者紹介

    様々な社会課題が顕在化した東北。社会課題に対して「誰かのために」「地域のために」

    という想いを持って一歩踏み出した「12人のチャレンジャー」をご紹介します。

  • 上野 まどか

    「生きる」を実感できる豊かな社会を創るため、
    生産者と消費者をつなぎ、農業から「食」を変えるコミュニティをつくります。

  • 小島 英弥夫

    DIYならぬ、「DIO(Do it Ourself)」を掲げ、

    地域の人々がにぎわう場所を自分たちみんなで作る事業を行います。

  • 川出裕佳

    働く人に真摯に向き合うことで、ひとりひとりが働き方と生き方について深く考え、

    天命を全うできる社会を作ります。

  • 木村 一也

    個性を伸ばす塾や、プロの先輩ママを養成することで、

    発達障害児とそのお母さんを支える仕組みを作ります。

  • 佐々木 綾子

    経済的困難を抱えている子供達を支援することで、

    貧困の連鎖を断ち切り、愛情の循環が生まれる社会を作ります。

  • 佐藤 一彦

    外遊びや学習支援、大人とのふれあいなどの多面的な教育で、

    「子どもの生き抜くチカラ」をはぐくむ寺子屋をつくります。

  • 佐藤 里麻

    未熟児・超未熟児として生まれてきた赤ちゃんとその家族が

    笑顔になるベビー服やベビー用品を生み、販売します。

  • 澁谷 希望

    地域の予防医療・予防介護を通じて、多くの患者さんを幸せに。

    病院が担えない予防や心のケアで「第二の病院」を作ります。

  • 高橋 蔵人

    公園が持つ地域コミュニティの機能に注目し、

    地域の人が集うハブとして再生させる事業を立ち上げます

  • 丹治 智幸

    故郷の原風景を守るため、地域のみんなが参画して儲ける、農業の新しいモデルを創り上げます。

  • 畠山 智行

    ITの力を生かし「地方の誇りを取り戻し、東京一極集中をストップする」ため、

    プログラミングスクール事業を立ち上げ中です。

  • 藤原 英理花

    自身の治療経験から、癌サバイバーを対象とした

    「生きる希望が沸く」ポートレート撮影を行う事業を立ち上げます。